輝かしい道を歩むために

生きていくっていろいろあるなっていうちょっとスピっぽいのでなんでも許せる方だけ寄っていってくださいな。

創作物における真実へのアプローチ

おとぎ話、創作話には時折真実にもっとも近いことが記されている。

気がする。という話。

 

たぶん、きっと気がするではなくて本当にそうなんだと思う。

本来であればそれが真実にもっとも近いのに

あまりに現実とはかけ離れているものだから人々はそれを

“御伽話”といってある意味揶揄するのだろうな~~~~~

 

 

マニアックな話をここのブログでするつもりはないんだけど

とあるロボットゲームの設定が奥深くてすごいんですよね~~

ゲームの性質上、多元世界・平行世界とかそういう話がてんこ盛りなんですけど

こういうのってホント突拍子もない話でもないんだと思う。

まぁ地球狙われすぎだし争いばかりのあんな世界ゴメンだけども。

でもあれはきっと大げさなだけでこの現実のことまんまなんだろうな~~

シナリオ書いてる人尊敬します~~~。

スパロボwiki読んでるだけで面白い…